開運・幸運・金運を呼び込む「財布購入」豆知識

開運・幸運・金運を呼び込む「財布購入」豆知識記事一覧

新しい財布を購入した時に困るのが「古い財布の捨て方」ではないでしょうか?私はどうしても捨てることができなくて、宝くじを買ってその財布の中に入れて風水的に良いとされる家の北側においておいたりしました。でも、新しく買った財布にどこか悪影響があるのでは?と思ってググって調べました。そうすると川や池、湖、海などの水の近くが良いとか、雨の日に捨てると言った方法がありました。いわゆる水に流すと言うことなんでし...

「そのまま捨てるのはちょっと気が引ける」と言う方もいるのではないかと思いますので、ひと手間かけた財布の捨て方をお伝えします。方法は簡単です。新聞紙や包装紙、コピー用紙でも何でもかまいませんので、財布が包み込める大きさの紙を用意して下さい。財布をこうした紙で包む理由は、ほかのゴミと財布が直接触れない様にするためです。大切なのは財布全体をすっぽりと包み込むことです。あたなの感謝の気持ちを込めてできるだ...

金運がアップする財布の買い替えはいつが良いのか?結論から言うと、「もう十分に使った」と感じる時ではないでしょうか?または私の様にずっとうだつが上がらず、「ものは試しと」財布を変えてみる時も良いタイミングなのかもしれません。世間的には1年とか1000日とか3年と言った説もあるようですが、特に決まりはありません。しかし財布が傷んだり、汚れた状態で使用し続けることは、大切なお金をしまって置く場所としてあ...

以下 Wikipediaより白蛇及び岩国のシロヘビより抜粋白蛇(しろへび、はくじゃ、びゃくだ)とは、白化現象を起こした蛇である。 その希少性により日本各地で縁起のいい動物として信仰の対象となっている。弁才天の使いとして富をもたらすものとして有名だが、水神としても有名である。これはその他多くの蛇神と共通するものでもある。諏訪神社の神使など、多くの神社・仏閣で祀られている。岩国のシロヘビ(いわくにのシ...

今や流通量がほんのわずかしかなく、クロコダイルより貴重と言われ、その入手が非常に困難となったエレファントレザー(象皮)。ゾウはインドでは神。西洋では幸せの証。日本では自己啓発の象徴とされています。流通量が極めて少ない希少素材1989年ワシントン条約にて象は商業利用の為の捕獲及び輸出入が全面禁止となりました。その為現在エレファントレザーは、アフリカのジンバブエの自然公園にて生態保護調査のためにやむな...

宝くじや競馬。競輪などの公営ギャンブルが趣味な人の中には、開運日、風水を取り入れたり、パワーストーンなどの開運グッズを身に着けている人も多いと思います。そんな中、以外に気にしていない人が多いのが「財布」です。財布は大事なお金にしまっておく場所ですが、以外にもぞんざいに扱っている方が多いようで、もったいないなと思います。このページに着て頂いたと言うことは、「宝くじで高額当選したい!」とか「競馬で万馬...

幸運を呼ぶ開運財布を手に入れるには、素材の種類といわれ・風水的に色が持つ意味、形・使い方・保管方法・購入日・使用開始日などのポイントを知っておくと、開運パワーもアップしますので、一つ一つお話して行こうと思います。まずは素材についてです。↓↓↓白蛇財布白蛇は日本では古くから「福」を呼び込む動物として知られ、全国に白蛇を祀るもしくは実際に飼育をしている神社や施設もあるほどです。→白蛇財布の詳しい説明は...